現時点で12球団で一番良いキャッチャーは、梅野隆太郎だ!!

Uncategorized

こんにちは、ウルフです🐺

今回は、梅野の良さについて語ろう。

梅野の良いところは、具体的に3つ
バッティング、盗塁阻止率、リード、この3つだ。

この一つ一つを、何が良いのか語る。

バッティング

最初に出てくるのは、バッティングだ。

セ・リーグ、パ・リーグの打率ランキング2019年で見てみよう。
今回は、捕手に限定して

1位・・・森友哉 .329
2位・・・會澤翼 .277
3位・・・中村悠平 .269
4位・・・梅野隆太郎 .266
森は、別格として、
梅野は、4位にランクインしている。

しかも、打率は、2位との差は、少し。
今まで課題としていた、打撃は、昨シーズンで
大きく改善された。

さすが、大学日本代表の4番打者。
これから、もっと伸びる予感がある。

そして梅野は、チャンスに強い。
得点圏打率は、セ・リーグ全体で
4位の .330にランクインしている。

ここで、打率の良さが、分かっただろう。

盗塁阻止率

次に話すのは、盗塁をいかに、刺しているか
に、注目して話す。

小林誠司・・・ .385 
試合数ー92試合

梅野隆太郎・・・ .380 
試合数ー129試合

これは、盗塁阻止率ランキングだ

一見小林の方が、盗塁を防いでる
ように、見えるが、
試合数に、大きく差がある。

そう考えると、梅野のほうが、
盗塁をよく刺している

と言える。

このように、梅野は、肩の分野でも
非常に優秀なのだ。

リード キャッチャーとしての、スキル

キャッチャーは、ピッチャーの相方だ。

ピッチャーの良いところを引き出すのが、
役目でもある。

これが優れているキャッチャーが、
優秀なキャッチャーの証だ。

だが、それを表す、キャッチャーの数字が、
ない。

そこで見るのが、チーム防御率の部分だ

阪神・・・3.46(12球団1位)
広島・・・3.68(セ・リーグ2位)
ソフトバンク・・・3.63(パ・リーグ1位)

このように、阪神は、圧倒的な防御率を
誇ってる。

そこに大きく貢献しているのが、
梅野隆太郎なのだ!!


「ピッチャーがいいから」
こんな意見があると思うが、
ピッチャーが、よかったら、侍ジャパンに
選ばれてるはず


侍ジャパンは、ピッチャーの能力だけで
抑えられるのが、選ばれる。

シーズンは、いろんなピッチャーを
上手くリードできたチームが強い。


このような部分で、梅野は、すごく
優れていることが、分かる。


にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました