盗塁がチームを変える=矢野監督が近本を使い続ける理由

スポンサーリンク
Uncategorized
https://images.app.goo.gl/yUayzXFPB1LskU6L6

こんにちは、ウルフです!!🐺

今回は、
盗塁がチームを変える=矢野監督が近本を使い続ける理由
という題で、
その理由をお話ししていきたいと思います!

スポンサーリンク

盗塁数が多い時、チームが強いデータがある

実は阪神には、
高順位の時は、盗塁数が多いデータがある!!

例えば優勝した、2003年・2005年。
盗塁数は、
2003年がリーグ1位。
2005年がリーグ2位。

こんなデータがあるんです!
実は、ホームランなんかより、
盗塁の方が、関係あったんです!

詳しくは、こちらを見ると、よく分かります!
てか、続きですね。

江越が盗塁した理由も…

7月22日の試合
10回の裏
江越が、代走として出て、盗塁しましたね
結果はアウト
そこについて、話します

僕はあの盗塁、正直する場面ではないなと思いました。
だって、打席には、当たってるサンズ。
長打で、サヨナラがありました。

けど、違う考えで考えてみる
長打は、出にくい
単打で逆転できる

このように考えてみました
結果はアウトだけど、セーフの時考えてみて。
サンズ打てなくても、
大山悠輔がヒットを打ってるんで、
サヨナラです

そのように考えると、
あの盗塁は、
悪くない考えだったのではないですか?

だから近本を使いたい

盗塁が多い年は、順位が高い。
チャンスが広がり、単打でも点が入りやすい。

この事を考えると、
やっぱり近本を使いですよね。

矢野監督も、その事を知っていて、
何回も何回も近本を使うのです

そこにホームランも打てるし、
内野ゴロでヒットになる足。

こんな選手がいるなら、
なんとかして、復活して欲しいはず

これが、盗塁を何回も仕掛けるし、
近本を何回も使う理由です

まとめ

野球において、ホームランはやはり魅力。
けれど、中々出にくいのが事実。

同じアウトなら、確率の高い盗塁を、
仕掛けるのが、得策だと思います。

これからも、見守っていきましょう!

そして、昨日負けなかったのでOK!!

このブログについて

このブログでは、

・阪神への呟き
・阪神の情報やデータのまとめ
・阪神ファンが読んで面白いと思う

このようなことができる、ブログ作りを目指してます!

TwitterやInstagramもやってるので、フォローよろしくお願いします!
Twitter→下のアイコンから、飛びます!
Instagram→wolfblog.tigers

普段ブログでは、他にも
「商品紹介」「ダイエット」「ウイイレ」
こんな記事も書いています!
ぜひ、読んでみてください!

see you again🐺🌈


にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました